血糖値の上昇を穏やかにするためにはキャットフードを見直す

猫の中には糖尿病にかかる子も少なくありません。糖尿病にかかれば当然血糖値がコントロールすることができませんから、食事から摂取した栄養素をエネルギーに変換することができなくなります。エネルギーに変えられなければ猫は不調になります。では糖尿病の原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

例えば加齢です。犬や猫の高齢化が報道で取り上げられることもありますが、高齢になれば身体の様々な部分も老化するため若い頃よりも運動ができなくなったりします。また、飼い主の中には高齢なのにも関わらず成猫用のキャットフードを与えている方もいます。当然高齢の猫に成猫用のキャットフードを与えると栄養分を必要以上に摂取することになりますから、血糖値が上昇することに繫がります。そのため糖尿病になる危険性が増えますから、愛猫の年齢に適したシニア用のキャットフードを与えるのが一般的になります。

また、肥満も糖尿病の原因となります。特にシニアの猫においては運動量が低下しますから肥満になりやすくなります。通常の猫と肥満の猫を比較してみると、血糖値がコントロールできなくなってしまうリスクは約4倍とされていますから肥満には十分に注意が必要です。

予防法は人間と同様にインスリン注射が一般的です。しかし、軽度の猫の治療方法としては運動と食事療法で改善できるとされています。ではどのような食べ物を選択すればいいのでしょうか。今回は血糖値の上昇を穏やかにするためのキャットフードの選択方法について紹介します。